ブログ

サイト売買体験談 | アフィリエイトサイトを売却したので、手順を書いてみた

サイト売買

サイト売買は、まだあまり一般的ではなく、実際にサイト売買を経験したことがある人は少ないです。
しかし、不動産や株式に投資するよりも利回りがよく、サイトを購入したいと考える方も多く、人気が出てきています。

今回の記事は、実際にサイト売却をスムーズに取引を行うことが出来たので、その流れをまとめた記事を作成しました。

これからサイト売却を検討している方や、サイト売買に興味がある方に読んでいただきたいです。

それではまいります。

1.なぜアフィリエイトサイトを売却しようと思ったのか?

私が売却したアフィリエイトサイトを運営していた期間は約4年間。
運営開始から約3ヶ月で初報酬が上がり、約8ヶ月で月の報酬額が50万円を超えました。
100万円を超えたのは約2年4ヶ月してからだったと思います。

最初は興味のある分野で初めたのですが、運営開始から2年を越えてから、モチベーションが下がり、記事の更新もほとんどしなくなってしまいました。

そんな状態でもSEOで上位表示し続けてくれていたので、作業をしなくても報酬が入っていました。

それが約1年間は続いていたと思います。

たぶんバブルのような感じで、それがずっと続くかと思っていました・・・
しかし、GoogleのSEOアップデートで順位変動が起こり、アクセス数が少し減ってしまいました。

大幅な減少でもなく、ホワイトハットSEOサイトなので、問題ないと考えていましたが、追い打ちを掛けるように、広告主からの報酬単価見直しが入りました。

今までの報酬単価の半分以下になり、かなり焦った事を覚えています。

記事を追加し、ロングテールアクセスを増やしていくことも考えましたが、もともと更新頻度が落ちていて、モチベーションが下がっていたので、ここから巻き返して行こうと思う気持ちはほとんどありませんでした。

それだったら、サイト売買の話を以前から聞いていたので、何事も経験だと考え、売却する事を決意しました。

2.『サイトマ』に、サイト売却の支援をお願いした。

2−1.なぜ『サイトマ』にお願いしたのか?

私がサイト売却を行う際に、サイト売買,M&Aの売却専門サービス『サイトマ』さんを利用しました。

サイトマさんに決めたのは、サイト売買に行う作業のほとんどを代行してくれるのが、とても良いと感じたからです。

サイト売買をする際は金額も大きくなるので、売買契約書も作成しなければなりません。
他にもサーバー移動やSNSアカウント譲渡など、やらなければならないことは沢山あります。
ましてや、初めての場合はわからないことだらけなので、かなりの時間の浪費になってしまいます。

その作業を慣れている方に、助けてもらえるサービスがあるのは心強かったです。

2−2.どんなサイトが売却できるのか?

売却を考えた時に直面するのが、もし売れなかったらどうしようという不安です。
実際に売却しづらい例を上げると、

・運営者が顔を出し、キャラ作りをしているブログ
・サイト内容がマニアックで、普通の人には更新が困難

といったこと点があげられます。
幸いにも、私が運営していたサイトは上記に当てはまらないので問題は無かったです。

2−3.ホワイトハットサイトの売却相場は月の売上の10~20ヶ月分

売却する時の金額は月の売上の約20ヶ月分にしました。
もちろんこの金額も、サイトマさんと相談して決めました。
値段をつける時には、

・売却する予定のサイトのアクセス数
・どんなキーワードでSEOで上位表示されているのか?
・コンテンツ(記事)の内容
・運営期間

などを考慮した上で決めていきます。

私のサイトは、インタビューやレビュー記事の1次情報を中心としたサイトで、コンテンツもしっかりしていたので、月額報酬の20ヶ月分の値段をつけました。
これは売却を決めた時から、過去半年間の売上金額の平均で計算しています。

4年間育てたサイトを、この金額で売却するのは人によっては安いと感じるかもしれませんが、私はかなり高額で売却できると感じました。

3.サイト売却・譲渡の流れ

3−1.サイトを売りに出す

値段を決め、購入希望者の方々にサイトの概要を伝える文章を作成したら、サイトマさんからサイト購入を検討している方々へ、メールマガジンが配布されます。

不動産もそうですが、サイト売買も基本的には同じものが存在しない1点もの。
購入を希望して、良いサイトが出てこないかを待っている人達がいるそうです。
そのため、メールを出してからすぐに購入希望者の方から反応がありました。

サイトの売上とアクセスが下がってから売りに出したので、売上とアクセス数が何故下がったのかを知りたい方が多かったと思います。

3−2.購入希望者の方と面談し、両者の意思確認を行う。

購入を希望している方との面談も、サイトマさんにセッティングしてもらいました。
私がお会いした方は、とても誠実な方で、サイト運営は夫婦でしていくとお話ししてくれました。
この人なら運営を任せて問題ないと感じ、売却することが決定しました。

3−3.サイト売却の契約書の作成

サイト売却をする時には契約書を作成、弁護士に内容をチェックして貰う必要があります。
この契約書の作成、並びに弁護士の方に内容をチェックしてもらうのもサイトマさんが行ってくれます。
契約書にはサインや捺印をする必要があるので、そのやり取りは郵送で行いました。

3−4.サーバー・ドメイン移動

契約書の作成と、サイン・捺印が終わったら、サーバー移動とドメインの譲渡を行います。
サーバーは『Xサーバー』、ドメインは『お名前.com』を利用しており、相手の方も同じく、
『Xサーバー』と『お名前.com』を利用していたのでスムーズに移動・譲渡することができました。

3−5.ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)アカウントの譲渡

A8.netとafbのアカウントの譲渡手続きは、それぞれの会社の担当者に譲渡方法を確認し、手続きを行いました。

また、アカウントだけでなくA8.netとafb担当者の方々も引き継いで頂くので、それぞれの会社に一緒に顔合わせの挨拶にも行きました。

3−6.SNSアカウントの譲渡

譲渡するアカウントは、以下の5つ

・twitter
・facebook
・googleブランドアカウント(YouTubeなど)
・googleアナリティクス
・googleサーチコンソール
・googleタグマネージャー

公式ページのヘルプを参考にしながら、それぞれのアカウントの譲渡を行ないました。

4.最終確認を行ない、サイト売買の終了

全ての譲渡をおこない、問題が無いことを確認してから、お金を受けとり、サイト売買の終了となります。
ここまですべて行うのに、約2ヶ月かかりました。
無事に終わった時には、すこし気が楽になりました。

5.売却後のサポート

売却してすべて終わりではなく、それから3ヶ月のサポート期間があります。
その間は、サイト運営で分からない事のサポートを行います。
私は1ヶ月に一度お会いして、不明点などの確認し、またChatWorkで随時、質問に答える形にしていました。

6.まとめ

売却後のサイトをみて、順調に更新がされていると嬉しく感じます。
人生は何事も経験してみないとわからない事があると考えているので、今回の売買はして良かったと感じています。

このサイト売買をしなければ、アカウント譲渡の方法やサイト運営を引き継いだ人がどのような事に疑問を持つか気づくことができなかったと思います。

そして、一度リセットすることによって新しいことにチャレンジしようという意欲が湧いてきます。

サイト運営に疲れた・・・
モチベーションが下がってきた・・・

と感じたら、サイト売買はとても良い方法だと私は思いました。

トウシーク編集部

トウシーク編集部

投稿者の記事一覧

トウシークでは、投資やお金に関する情報を掲載しています。

関連記事

  1. freeeイメージ 4年間freee(フリー)を使い続けた私が、これからもfreee…
  2. 革命のファンファーレ(現代のお金と広告)を読んでクラウドファンデ…
  3. 永久不滅ポイント運用 クレジットカードのポイントで投資ができる『永久不滅ポイントの運用…
  4. イケダハヤトの武器としての書く技術 イケダハヤトの『武器としての書く技術』を読んでみた
  5. さとフルでふるさと納税をして、「いくら」をゲットした
  6. 個人でベンチャー投資をする際に意識するべき事3つ

新着記事

bitFlyer(ビットフライヤー)が業務改善命令を受け、新規アカウント作成を一時停止 プロのFXトレーダーと同じ取引ができる?エキサイトワンのFXフォロートレードmacaso(マカソ)とは? 1万円から海外投資ができるクラウドクレジットの評判・口コミは?メリット・デメリットも詳しく紹介

人気記事

1万円から海外投資ができるクラウドクレジットの評判・口コミは?メリット・デメリットも詳しく紹介 マネーセミナーが無料の理由を考えるのが、お金の教養を高める初めの一歩 ソーシャルレンディング(貸付・融資型クラウドファンディング)ができる国内22社の一覧と比較まとめ

注目記事

【FX入門者向け】これからFXを初める人におすすめの無料iphoneアプリ5選
セゾンアメックスプラチナビジネス セゾンアメックスビジネスプラチナカードを私が使い続けている理由 サイト売買 サイト売買体験談 | アフィリエイトサイトを売却したので、手順を書いてみた

facebook

PAGE TOP